検索
  • kentax15

麗しき絶景を求め白馬八方尾根・立山へ

更新日:2019年8月17日


先週の金曜日から月曜日までの4日間登山とトレッキングを兼ねて撮影に出向きました。


撮影に向かった先は冬場のモルゲンロート撮影ですっかり虜になってしまった長野県の白馬山麓と富山県側の立山です。


まず初めに向かったのが・・・白馬八方尾根の八方池


ロープウエイとゴンドラを乗り継ぎ登山道へ










通常であれば1時間半かけて登るコースなのですが、


撮りたいシーンを求めるばかりにほぼ駆け足で上がり起伏のきつい場所は早足で前進です。


ここまで急ぐには目的があり・・・


目標である八方池の風景のなかに他の登山客を入れたくないばかりに


朝一のロープウェイに夜中から並び始発に乗車するのはもちろん


その後朝一番の誰も足を踏み入れていない風景を狙うには、他の登山客が八方池に到着する


前に撮影を済ませないといけないことから場所によっては心臓破りの登山道を


息を切らしながら駆け足→早足→給水→駆け足→早足→給水を繰り返すこと約40分







目前に白馬鑓ヶ岳が迫ってきます。


目標の八方池まではもうひと踏ん張り


その400m先には・・・











願ったり叶ったりの絶景が目の前に広がります。


息が切れ、心拍が上がるなか深呼吸を繰り返し


構図を決めシャッターを切ること約15分


水面に映し出される槍ヶ岳の美しさに心が洗われる瞬間もあっというまに過ぎ


想定通りに次々と後続の登山客がやってきましたが


撮りたいシーンを無事にファインダーに収めることができた


安堵感と達成感に浸りながらゆっくり下山(離脱)ルートへと戻りました。




その後、猛烈な偏頭痛が我が身を襲うこと数時間


高所にて一気に標高の高いところへ移動したことに起因する急性の高山病です。


翌日 いくらか頭痛が弱まったこともあり予定通り撮影を敢行!


向かった先は、立山アルペンルート室堂のみくりが池です。











天候には恵まれたものの、わずかな風が吹き続き残念ながら池の水面に映し出される


立山連峰を撮影することができませんでしたが


そう簡単に思い通りの撮影ができないのが常であり、


空振り覚悟でまた通うしかなさそうです。



その後、帰宅し偏頭痛なのか偏頭痛の錯覚なのかしつこい頭痛が続きましたが


ようやく回復し、無事ブログの更新です。



夏の景色を撮影できるのもあとわずかですが


まだ見ぬ自然の優美・自然の瞬きそして美しき景色をこれからも


存分に撮影してゆく予定です。





(HOMEにて白馬八方尾根・立山を追加しました)




閲覧数:148回2件のコメント

最新記事

すべて表示

長引くコロナ禍のなか例年通りの風景撮影がなかなか出来ないこともあり、今年度は休止することにしました。 最近の休日は撮影に行かない代わりに資格の取得等に時間を割いている日々です。 今後の状況次第ですが、 春は桜、夏は山、秋には紅葉、冬はモルゲンロート といった撮影サイクルをぜひとも来年度からまた再開できたらと思っています。