検索
  • kentax15

桜の撮影『春は曙(あけぼの)』枕草子に思うこと


春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細く

たなびきたる。


(現代語)

春は夜がほのぼのと明けようとする頃が良い。陽が昇るにつれてだんだんと白んでゆく

山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に引いている様子が良い。


この歌は平安時代の作家(歌人)であった清少納言の有名な歌ですが・・・・


当方が少し内容を変えてこの歌を詠んだ場合


春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる桜の美しきかな。


(現代語にすると)

春は夜がほのぼのと明けようとする頃が良い。

陽が昇るにつれてだんだんと白んでゆき

山際のあたりが少しづつ明るくなって

紫の薄明に染まる桜がなんとも美しい


となります。


例年この時期


朝一番のおぼろげな薄明時(トワイライト)に映える桜の撮影に関東を始め甲信越・中部地方へと足を伸ばし撮影に出向くのですが・・・


今季の予定(遠出)は全てキャンセル


そんな『紫だちたる桜の美しきかな』 My Best を載せたいと思います。















いずれの写真も薄明時に映える桜の美しさを狙って撮影したものですが、


今年も未だ見ぬ美しき桜の撮影を楽しみにしていたものの実現できず


更なる思いを込めて来シーズンに持ち越しです。


しばらくは犬の散歩がてらに出会った景色の撮影になりそうですが、


休日はのんびり読書と過去に撮影した写真の整理をしながら過ごそうかと思うこの頃です。



閲覧数:87回2件のコメント

最新記事

すべて表示

長引くコロナ禍のなか例年通りの風景撮影がなかなか出来ないこともあり、今年度は休止することにしました。 最近の休日は撮影に行かない代わりに資格の取得等に時間を割いている日々です。 今後の状況次第ですが、 春は桜、夏は山、秋には紅葉、冬はモルゲンロート といった撮影サイクルをぜひとも来年度からまた再開できたらと思っています。