検索
  • kentax15

全てのカメラをPENTAXへ・・・

更新日:2020年2月16日


FUJII FILM GFXシリーズを購入し早8ヶ月

画素数もさることながら、何を撮影してもほとんど失敗のない

完全無欠のカメラでありながら、ミラーレスの恩恵に慣れてくると

逆に撮影がつまらなくなりつつあるなか、先日PENTAXカメラを

約1年半振りに手にし写真撮影の楽しさを改めて感じていた矢先、


FUJIFILMの新製品(X100V)のPV動画が炎上騒ぎを起こしました。


このPR動画には、当方も開いた口が塞がらず、以前『どんなに美しい写真を撮影したとしても人様に迷惑をかけ規律やマナーを守らないカメラマンの心は決して美しくなくそんな輩たちはカメラを持つ資格がない』という主旨の記事を当ブログに書きましたが・・・


https://www.kentax15.com/post/美しい風景・写真に相反するもの



規律もマナーもないカメラマンが新製品のカメラを持ち撮影を繰り返します。

無論カメラのみならず、自分の飼い犬の排泄物の始末をしない、また人の迷惑を顧みずノーリードで犬を散歩させて我が物顔の飼い主など犬を飼う資格のない人たちなどカメラに限った話ではないのですが国内トップメーカーに並びつつあるFUJIFILMが許可もなく無差別に通行人を撮影している行為。そしてあからさまに迷惑な態度を現している通行人がいるなか撮影は続きます。この広い世の中カメラを向けられること自体を不愉快に感じる人は多数いると思いますが、カメラメーカーであるFUJIFILMは時にカメラは武器となることを分かっていなかったのか?


また動画炎上後の謝罪コメントの後に 


『引き続き、写真の素晴らしさを多くの皆様に共感をもっていただけるよう取り組んでまいります』と反省の余地のないアナウンスをしてきました。


正直どんなに素晴らしいカメラを製造しようと、このPR動画を出してきた時点で当方に

とってのFUJIFILMは全て終わりです。


仮にFUJIFILMが車を製造してこの手のPR動画になった場合

交通法規を守らずに無許可で公道を走り人様に迷惑をかけている車のPR動画になるということです。


当方は人並みではありますが、規律やマナーを遵守する組織に属し生計を立てています。

この事案についてはやはり許さざる要素が多くアマチュアからプロまでカメラを楽しむ者としての最低限の躾さえもない FUJIFILMのカメラを使って今後写真を撮影したいとは思わなくなり先立って全てのFUJIFILM製品を手離しました・・・・・




話は変わり再びの相棒となるPENTAX







先日のKPに続き、



Kー1 MK2

HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WRを新たに追加しました。








試し撮りにて自宅ベランダから今朝の朝焼けを撮影してみました。


暖かい日が続くなかまもなく春がやってきますが、

心機一転、再びのPENTAXで今後も写真撮影を楽しんでゆきたいと思います。




閲覧数:187回2件のコメント

最新記事

すべて表示

長引くコロナ禍のなか例年通りの風景撮影がなかなか出来ないこともあり、今年度は休止することにしました。 最近の休日は撮影に行かない代わりに資格の取得等に時間を割いている日々です。 今後の状況次第ですが、 春は桜、夏は山、秋には紅葉、冬はモルゲンロート といった撮影サイクルをぜひとも来年度からまた再開できたらと思っています。